当院の特徴とお知らせ

ようこそ、おおた鍼灸院・漢方薬店のホームページへ。

おおた鍼灸院・漢方薬店は、伝統医学の理論と技術によって、お一人お一人に合った治療をおこなうための鍼灸院と漢方薬店です。
いろいろな症状でお悩みの方、是非ご相談ください。東洋医学からみたあなたのお身体の状態を詳しくご説明した上で治療いたします。

伝統にのとった治療法

当院では、古来から行われている伝統医学的理論と技術による治療を常に研究し、実践しています。
漢方薬はもちろん、鍼灸においてもアレルギー疾患、婦人科疾患、内科疾患、運動器疾患など、さまざまな病気において、その有効性が認められています。

あきらめないでください

からだはきついのに、病院で検査しても「異常がない」と言われた方の相談をよく受けます。
当院では伝統医学の診断にのっとり、あなたの身体の状態を把握し、ご説明いたします。
このような不定愁訴と言われる症状は、伝統医学の「ものさし」でみた方がよく理解でき、伝統医学(鍼灸、漢方薬)の得意とする分野のひとつです。

痛くない

治療用のはりは、(おそらく)みなさんが想像しているような裁縫に使うようなはりではなく、太さ0.12ミリと、見た目はほとんど髪の毛程度のものです。
また、治療の方法、はりのうち方は鍼灸院によって様々です。
当院は常に「どのようにさせば痛くないか」を考え研究し、精進を繰り返し、熊本一痛くないはり屋さんを目指しております。
はじめて治療を受けられる方は、痛みのない気持ち良い治療に驚かれることでしょう。
もちろん、治療に使用するはりは一回一回使い切りの新しいはりですから、感染症の心配もありません。

お知らせ

健康保険について

当鍼灸院は、熊本市国民健康保険はり・きゅう施術所の指定を受けています。
熊本市国民健康保険被保険者、熊本市後期高齢者医療被保険者の方は、熊本市から年間30回まで施術費の一部が助成されます。
詳しくは当鍼灸院にお問い合わせください。

2016年02月01日

東洋医学からみた病気について(更新情報)

鍼灸や漢方薬を用いて病気を治療する場合、伝統医学(東洋医学)の視点(ものさし)で病気をとらえるということがとても重要です。
「東洋医学からみた病気」というセクションを設けて、代表的な疾患をピックアップして、伝統医学ではどのように考えて治療をおこなうのか解説しています。   ※随時更新します。

2016年02月03日

研究会出張について

毎月第2、第4日曜日は経絡治療学会鹿児島部会、愛媛部会に出張します。

そのため前日の午後から当日は急診の対応はできませんのでご了承ください。

 

6月の研究会出張予定

6/11(日)  鹿児島

6/25(日)  愛媛県今治市

 

2017年05月29日